Office-Soft

Microsoft 365/Office 2019/Windows 10 pro ダウンロード版 の正規品をネット最安値で販売

【保存版】Windows 10でドライブの空き領域を増やす6つの方法

Windows 10 PCの動作が遅い、重い原因はストレージ容量が少なくなった可能性があります。Windows 10 のドライブの空き領域を増やすことでPCの速度を改善できます。今回は、Windows 10でストレージスペースを増やす6つの方法を紹介します。 Windows 10ストレージセンスオプションを使用する Windows 10のストレージセンスは、非常に便利な機能です。不要な一時ファイルを自動的に検出し、削除します。その使い方法については前回の記事で紹介しました。Windows 10のストレージの空き容量を増やす方法! Windows 10のストレージの空き容量を増やす方法!Windows 10 PCがカクカクで困ったことがあるでしょうか。Windows 10のストレージの空き容量を増やすことで改善できますよ。Windows 10 のストレージの設定方法や空き容量を今すぐ増やす方法を紹介します。 Microsoft Windows 10 Pro ダウンロード版マイクロソフト Windows 10 Pro 32 bit / 64 bit対応 正規プロダクトキー。 インストールディスク、プロダクトキーラベルは付属しません。 新規インストール、アップグレードインストール可能。 同じPCに何度でも再インストール認証可能です。 不要なアプリとゲームをアンインストールする ゲームや不要になったアプリをアンインストールして、ストレージ容量を増やすことが可能です。 アンインストール手順は以下の通りです。 1.[スタート]メニューから[設定]アプリに移動します。 2.「アプリ>アプリと機能」に移動します。[並べ替え]ドロップメニューを使用して、[サイズ]に従って不要なアプリ/ゲームを表示します。 3.アプリをクリックし、「アンインストール」を選択してから「アンインストール」ボタンを再度クリックします。 ファイルを外部ドライブに移動する ポータブルハードドライブまたはUSBディスクがある場合は、PCまたはラップトップから外部ドライブにいくつかのファイルを移動します。これにより、コンピューター内、特にWindows 10インストールドライブ(通常はC:ドライブ)の領域が解放されます。 ファイルを外部ドライブに移動する手順は以下の通りです。 1.ポータブル/外部ドライブを接続します。 2.「ファイルエクスプローラー」を開き、移動するファイルに移動します。 【Windowsキー】+【E】でエクスプローラーを開きます。 3.トップメニューから[ホーム]タブに移動します。 [移動先]を選択し、[場所の選択]をクリックします。 4.外部メディアを選択し、「移動」をクリックします。 コンテンツの保存場所を変更する コンテンツが現在コンピューターに保存されているパスを変更することもできます。Windowsインストールドライブの外部にオーディオやビデオなどのコンテンツを保存することをお勧めします。 1. [ストレージ]の[その他のストレージ設定]で、[新しいコンテンツの保存場所の変更]リンクをクリックします。次に、新しいアプリ、ドキュメント、音楽、写真、ビデオなどのパスを変更します。 2.ドロップダウンリストをクリックして、コンテンツを保存するドライブを選択し、[適用]ボタンをクリックします。 ディスククリーンアップ ディスククリーンは、ハードドライブから不要な一時ファイルを削除するツールです。これは、ファイルエクスプローラーからだけでなく、設定アプリからも実行できます。前の手順で「設定アプリを使用して一時ファイルを削除する方法」について既に説明しました。 1. デスクトップから「このPC」を開きます。 2. Cドライブを右クリックして、[プロパティ]を選択します。 3.下から、[全般]タブの[ディスククリーンアップ]ボタンをクリックします。 4.次に、[システムファイルのクリーンアップ]ボタンをクリックします。 5.すべてのオプションが「削除するファイル」セクションであることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。 6.「ファイルの削除」ボタンをクリックします。 しばらく時間がかかりますが、完了後、一時ファイルが削除され、空き容量が増えます。 また、Windows 10でレジストリをクリーンアップする方法、ハードディスクエラーを修正する方法、およびハードディスクを最適化する方法を学びます。 ファイルをクラウドに保存する WindowsにはOneDriveクラウドストレージサービスがあり、ストレージが不足しているときにファイルを保存するのに非常に役立ちます。「Files On-Demand」という機能があり、「File Explorer」を使用してクラウドにファイルを保存してアクセスできます。 1. OneDriveにサインインします。 2.タスクバーの右の方にある「OneDrive」のアイコンにマウスカーソルを持っていき右クリックします。 3.[カスタムメニュー]ボタンをクリックし、[設定]を選択します。 [設定]タブで、[ファイルオンデマンド]セクションの[スペースを保存して、使用するファイルをダウンロードする]をオンにします。 最後に「OK」ボタンを押します。 まとめ アプリケーションがスムーズに実行できるように、Windowsインストールドライブに十分な空き領域があることを常に確認してください。デスクトップ、ごみ箱、ブラウザの履歴、およびその他すべての場所を清潔に保ち、ファイルが一定期間にわたって散らからないようにします。上記のソリューションがWindows 10コンピューターのストレージスペースを増やすのに役立つことを願っています。

エクセルでカーソルが動かない時試してみる3つの対処方法

エクセルで方向キーを押してカーソルを移動すると便利ですが突然矢印キーを押してもとカーソルが動かなくなって、画面がスクロールしてしまいます。原因は画面がクロールロック状態になっています。ここ、その原因を確認する3つの方法と解除する手順を紹介します。 Microsoft Office 2019 Pro Plus ダウンロード版のご購入買い切り型の永続ライセンス版であるOffice Professional Plus 2019。Windows向けのWord、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access がインストール可能。Office 2019のフルアプリをご利用したい方におすすめです。価格 : ¥10,000~¥10,500 (税込み)  現状、カーソルが動かない! 仕事でExcelを使っている方は矢印キーでカーソルを動かす人も多いでしょう。作業中カーソルをマウスで移動するより方向キーを押して動かすのほうがとても便利です。 でも、何らかの原因で矢印キーを押してもカーソルが動かなくなってしまったとき困りますね。マウスでセルを選択するが可能ですが、矢印キーを押すと画面がスクロールしてカーソルが動かないことが発生します。 この時皆さんどうしますか? まず、Excelで矢印キーを押してもカーソルが動かない原因を調べてみましょう。 カーソルが動かない原因は? カーソルが動かない原因は、「ScrollLock」(スクロールロック)が気付かないうちに有効になっている状態です。 「ScrollLock」の設定が有効になっているならば、設定を無効に変えるとカーソルが動くようになります。 確認と解除方法 まず、Scroll Lock機能が有効になっているかどうかを確認してみましょう。 1.キーボードから確認 デスクトップPCならキーボードから確認できます。 Scroll Lock機能が有効になっている場合、インジケーターランプが点灯します。 「スクロールロック」キーを押すとScroll Lock機能が無効になってカーソルが矢印キーの方向に移動します。 2.エクセルのステータスバーから確認する エクセルのステータスバーの左下に「ScrollLock」という表示が出ていれば、「スクロールロック」状態です。 同じように、「スクロールロック」キーを押して解除します。 でも、カーソルが動かなくでも、エクセルのステータスバーの左下に「ScrollLock」と表示されない場合もあります。 それは、表示のオプションが無効になっている可能性があります。 ステータスバー上マウスを右クリックして、「ScrollLock」のところチェックをつけると「ScrollLock」と表示されます。 以上でデスクトップPCでキーポートを利用して「スクロールロック」を確認して解除する方法を紹介しました。 しかし、ノートパソコンでキーボードが違う場合があります。その時の解除方法も少しい紹介します。 3.「スクリーンキーボード」からスクロールロック状態を解除する キーボードから「スクロールロック」を確認できない場合「スクリーンキーボード」を出して解除することも可能です。 「スタート」をクリックし、アプリの一覧から「Windows簡単操作」→「スクリーンキーボード」の順にクリックします。 入力するアプリを開き、マウスポインターでスクリーンキーボードから「ScrollLock」キーをクリックし解除します。 以上で操作完了です。

Office 2019 ダウンロード版とは?価格/購入やインストールについて

Microsoft Office 2019(永続ライセンス)には、ダウンロード版とパッケージ版(POSAカード)の2種類あります。この記事では、Office 2019 ダウンロード版の価格や購入方法からインストールまでご紹介します。 Microsoft Office 2019 Professional Plus ダウンロード版|Windows PC1台用|マイクロソフト価格: ¥10,500  Office 2019 ダウンロード版とは? Office 2019 ダウンロード版とは、Microsoft Officeのホームページでダウンロードをして、パソコンにOffice 2019を落としてインストールするものになります。 Office 2019 ダウンロード版とパッケージ版での内容自体は変わりません。 Office 2019ダウンロード版の価格 マイクロソフトの公式サイトでは、Office 2019のダウンロード版を個人用、ビジネス用、法人用に分けて販売しています。それぞれの製品と価格を紹介します。 個人やご家庭でよく使えるOffice 2019ダウンロード版の製品と価格は以下の通りです。 製品価格対応OSHome & Student 2019 for Ma25,704円Mac 対応Office Personal 201932,184円Windows 10 対応Office Home & Business 201937,584円Windows 10・Mac対応Office Professional 201964,584円Windows 10 対応 インストール方法について Office 2019ダウンロード版は、公式サイトからOfficeをダウンロードして、インストールします。 インストール方法については、Office 2019の製品のうち、Windows ,Mac両方対応しているHome & Business 2019を例にして紹介しています。 参考にしてください。 Office Home & Business 2019のインストール方法(Windows/Mac)

もっと

Microsoft Office 2019

買い切り型の永続ライセンス、1 回限り購入する個人や法人向けの Microsoft Office の最新バージョン。 Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、AccessをWindows 10 PC またはMacにインストール可能。 ダウンロード版(オンラインコード版)であり、購入後すぐメールで届く。

一覧へ

Microsoft 365

最新バージョンのOffice アプリとインテリジェントなクラウド サービスをひとつにまとめたソリューションです。個人向けMicrosoft 365 の価格、最安値はこちら。

一覧へ

Windows 10

Windows 10 Pro 業界最安値!ダウンロード版(オンラインコード版)の販売!当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。 ここから、Windows 10 を安く購入していただくことができます。

一覧へ