Office-Soft

Microsoft 365/Office 2019/Windows 10 pro ダウンロード版 の正規品をネット最安値で販売

「Office 365」の名称を「Microsoft 365」へ変更

日本マイクロソフトは、2020年4月22日(日本時間)から「Office 365」の名称を「Microsoft 365」に変更する。 個人向け「Office 365 Solo」の名称を「Microsoft 365 Personal」へ変更する。 価格は、月額1284円(税込)となっている。 Microsoft 365 Personalの契約者は、Office 365の全機能が利用でき、1人あたり1TBのOneDriveクラウドストレージ、Skypeによるスマホや固定電話への毎月60分の無料通話、セキュリティ機能によるマルウェアやフィッシング攻撃の防御、Windows 10およびOfficeの無料テクニカルサポートが提供される。 今、個人向けOffice 365を利用しているユーザーは、購読料はそのままで新機能が追加されるMicrosoft 365に移行する。 海外で販売されている「Office 365 Home」の名称が「Microsoft 365 Family」に変更される。 Microsoft Office 365 Home サブスクリプション版のご購入Microsoft Office 365 Home は1人あたり1TBのOneDriveクラウドストレージ、Skypeによるスマホや固定電話への毎月60分の無料通話、セキュリティ機能によるマルウェアやフィッシング攻撃の防御、Windows 10およびOfficeの無料テクニカルサポートが提供される。  法人向けのOffice 365の名称の変更は以下の通り。 OfficeMicrosoft Office 365 Business Essentials Microsoft 365 Business Basic Office 365 Business Premium Microsoft 365 Business Standard Microsoft 365 Business Microsoft 365 Business Premium Office 365 Business Microsoft 365 Apps for business Office 365 ProPlus Microsoft 365 Apps for enterprise

Office のExcel Word Outlook PowerPoint を修復する方法

Office を修復する手順のご紹介です。 Excel、Word、Outlook、PowerPointでフリーズ・応答なしなどの不具合が頻発する場合、Office を修復してPCを再起動してみましょう。 Office を修復する前に、Excel、Word、Outlook、PowerPointなどを閉じておきます。 こちらは、Windows 10 にインストールしているOffice 2019で実行してみました。 Office を修復する方法 Office を修復するには、以下の操作手順を行ってください。 1.「スタート」メニューから「設定」をクリックします。「設定」画面が開いたら「アプリ」をクリックします。 2.「アプリ」が開いたら画面の左側から「アプリと機能」をクリックし、アプリの一覧から「Microsoft Office 2019」をクリックします。 ※ 表示されているOffice名は、インストールされているOfficeのエディションによって異なります。 3.「変更」をクリックします。 4.「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックします。 5.「Officeプログラムをどのように修復しますか?」と表示されたら、「クイック修復」を選択し、「修復」を押します。 ※ 「クイック修復」を選択した場合、ネットに接続する必要なく、問題のあるファイルを検出して、正常なファイルに置換する作業が実行されます。 ※ 「オンライン修復」を選択した場合、ネットに接続する必要があり、完全な修復作業が実行されるため時間が長くかかります。「クイック修復」を実行しても問題が解決しない場合に、「オンライン修復」を試してください。 6. 次の画面で「修復」をクリックします。 7.「修復しています…」と表示されるので、しばらく待ちます。 8.「修復が完了しました。」と表示されたら、「閉じる」をクリックします。 以上でOffice の修復が終了しました。 PCを再起動してExcel、Word、Outlook、PowerPointなどを開いてみましょう。

Word で「 応答なし 」エラーが頻発する原因と対応方法

Word で論文などを書いている中、突然 応答なし になったらすごく怖いんですよね。 Wordを強制終了して再起動すると応答なしが頻発しますよね。 この記事では、Wordが応答なしになった場合の解決方法を紹介したので参考にしてください。 Microsoft Office Home & Business 2019 ダウンロード版のご購入|Microsoft Office ライセンスの通販ショップMicrosoft Office Home & Business 2019 ダウンロード版(オンラインコード版)。仕事で慣れたWord、Excel、Outlook、PowerPointをWindows 10、mac、最大2台まで使用可能。Office 2019 永続ライセンスの購入を検討ならオススメ。  Word ファイルのサイズを確認する Word ファイルのサイズが大きい場合、フリーズ、動作が重くなり、応答なしになる可能性があります。 Word ファイルのサイズ 上限は32 MBとなっております(画像とグラフが含まれない)。 そして、画像が多い場合だけWord ファイルのサイズが大きくなる可能性があります。 画像が多い原因でサイズが大きくなって応答なしになっている場合は、メモリの問題でメモリ側を増やせば解決できます。 Word ファイルのサイズを確認して問題ないなら「グラフィックアクセレータ」の設定を確認してみましょう。 ハードウェアのグラフィックアクセラレータの設定を変更する グラフィックアクセレータの設定を確認します。 グラフィックアクセレータとは、画像処理をおこなっている装置であり、CPUの負担を抑えることができます。 これを無効にすることでWordが頻繁に応答なしとなることを解決する可能性があります。 Wordを開いて「ファイル」タブ、「オプション」、「詳細設定」の順にクリックします。そして、「ハードウェアのグラフィックアクセラレータを無効にする」を見つかってチェックを入れると無効になります。 Windows PCを更新してみる Windows UpdateがちゃんとおこなわれていないとOfficeソフトの不具合の原因になる可能性があります。 Windows のアップデートをお勧めします。 「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」を選択し更新プログラムのインストールを実行します。 Office を修復してみる ここまで調べても解決できない場合、Office アプリに不具合がある可能性があります。 Office アプリの修復方法については以下の記事を参考してください。 「Office アプリケーションを修復する」について紹介しています。 Microsoft Officeを再インストールする Office の修復を実行しても解決できない場合、Office の再インストールを試してみましょう。 「コントロールパネル」から「プログラムのアンインストール」を選択しOfficeを削除します。 アンインストールが完了したら、Microsoft アカウントからOfficeを再インストールします。 新しいバージョンのWord 2019などでは応答なしというエラーがあまり発生しないと思います。発生しているのは、サポートが終了したWord 2003などの古いバージョンでしょう。

もっと

Microsoft Office 2019

買い切り型の永続ライセンス、1 回限り購入する個人や法人向けの Microsoft Office の最新バージョン。 Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、AccessをWindows 10 PC またはMacにインストール可能。 ダウンロード版(オンラインコード版)であり、購入後すぐメールで届く。

一覧へ

Microsoft 365

最新バージョンのOffice アプリとインテリジェントなクラウド サービスをひとつにまとめたソリューションです。個人向けMicrosoft 365 の価格、最安値はこちら。

一覧へ

Windows 10

Windows 10 Pro 業界最安値!ダウンロード版(オンラインコード版)の販売!当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。 ここから、Windows 10 を安く購入していただくことができます。

一覧へ