Office-Soft

Microsoft 365/Office 2019/Windows 10 pro ダウンロード版 の正規品をネット最安値で販売

Office 2019のサポート期限は?終了後の対処方法は?

Office 2019は買い切り型の永続ライセンスですが必ずサポート期限があります。メインストリームサポート終了日は、2023年10月10日、延長サポート終了日は、2025年10月14日までとなっています。 サポートされているMicrosoft Officeの買い切り版は? Microsoft Office の買い切り版の中で今でもサポートされているバージョンとサポート期限を表に一覧化してみましょう。 製品名ライフサイクルの開始日メインストリームサポート終了日延長サポート終了日Office 20132013/1/9 終了しています 2023/4/11 Office 20162015/9/222020/10/132025/10/14Office 20192018/9/24 2023/10/10 2025/10/14 Office 2013のメインストリームサポート終了日は既に終了し、延長サポート期間に入っています。 Office 2016とOffice 2019のライフサイクルの開始日は、それぞれ2015/9/22と2018/9/24と三年間の差がありますが延長サポート終了日は、同じ2025年10月14日までです。 メインストリームサポート期間は2020/10/13と2023/10/10の三年間の差があります。 つまり、Office 2019の延長サポート期限が3年間短縮されて、サポート終了期間は2025年10月14日となっています。 メインストリームサポートの期間は? メインストリームサポート期間は、基本的にはライフサイクルの開始日から、最低5年間付与されております。 この期間は、Microsoft が、セキュリティ更新プログラムの提供や、仕様変更といった主要なサポート業務を提供します。 延長サポートサポートの期間は? 延長サポートサポートの期間は、基本的にはメインストリームサポート終了日から、2年~5年間付与されております。 この期間は、Microsoft が、セキュリティ更新プログラムの提供を中心とした、サポート業務を提供します。 注意、Mac対応Officeには、延長サポートサポートの期間がありません。 ということで、Office Home and Business 2016 for Mac、Office Home and Student 2016 for Macのサポート期間が終了しています。 サポート終了後対処方法 Microsoft Officeの買い切り版の永続ライセンスをサポートが切れた状態(セキュリティ更新プログラムが終了した状態)で利用し続けると、マルウェア(ウィルス)への感染など、色々なリスクが高まってきます。 Office 2013以前のバージョンを使用している方は、最新バージョンのOffice 2019を購入するかMicrosoft 365を契約するようにしましょう。

「Office 365」の名称を「Microsoft 365」へ変更

日本マイクロソフトは、2020年4月22日(日本時間)から「Office 365」の名称を「Microsoft 365」に変更する。 個人向け「Office 365 Solo」の名称を「Microsoft 365 Personal」へ変更する。 価格は、月額1284円(税込)となっている。 Microsoft 365 Personalの契約者は、Office 365の全機能が利用でき、1人あたり1TBのOneDriveクラウドストレージ、Skypeによるスマホや固定電話への毎月60分の無料通話、セキュリティ機能によるマルウェアやフィッシング攻撃の防御、Windows 10およびOfficeの無料テクニカルサポートが提供される。 今、個人向けOffice 365を利用しているユーザーは、購読料はそのままで新機能が追加されるMicrosoft 365に移行する。 海外で販売されている「Office 365 Home」の名称が「Microsoft 365 Family」に変更される。 Microsoft Office 365 Home サブスクリプション版のご購入Microsoft Office 365 Home は1人あたり1TBのOneDriveクラウドストレージ、Skypeによるスマホや固定電話への毎月60分の無料通話、セキュリティ機能によるマルウェアやフィッシング攻撃の防御、Windows 10およびOfficeの無料テクニカルサポートが提供される。  法人向けのOffice 365の名称の変更は以下の通り。 OfficeMicrosoft Office 365 Business Essentials Microsoft 365 Business Basic Office 365 Business Premium Microsoft 365 Business Standard Microsoft 365 Business Microsoft 365 Business Premium Office 365 Business Microsoft 365 Apps for business Office 365 ProPlus Microsoft 365 Apps for enterprise

Office のExcel Word Outlook PowerPoint を修復する方法

Office を修復する手順のご紹介です。 Excel、Word、Outlook、PowerPointでフリーズ・応答なしなどの不具合が頻発する場合、Office を修復してPCを再起動してみましょう。 Office を修復する前に、Excel、Word、Outlook、PowerPointなどを閉じておきます。 こちらは、Windows 10 にインストールしているOffice 2019で実行してみました。 Office を修復する方法 Office を修復するには、以下の操作手順を行ってください。 1.「スタート」メニューから「設定」をクリックします。「設定」画面が開いたら「アプリ」をクリックします。 2.「アプリ」が開いたら画面の左側から「アプリと機能」をクリックし、アプリの一覧から「Microsoft Office 2019」をクリックします。 ※ 表示されているOffice名は、インストールされているOfficeのエディションによって異なります。 3.「変更」をクリックします。 4.「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックします。 5.「Officeプログラムをどのように修復しますか?」と表示されたら、「クイック修復」を選択し、「修復」を押します。 ※ 「クイック修復」を選択した場合、ネットに接続する必要なく、問題のあるファイルを検出して、正常なファイルに置換する作業が実行されます。 ※ 「オンライン修復」を選択した場合、ネットに接続する必要があり、完全な修復作業が実行されるため時間が長くかかります。「クイック修復」を実行しても問題が解決しない場合に、「オンライン修復」を試してください。 6. 次の画面で「修復」をクリックします。 7.「修復しています…」と表示されるので、しばらく待ちます。 8.「修復が完了しました。」と表示されたら、「閉じる」をクリックします。 以上でOffice の修復が終了しました。 PCを再起動してExcel、Word、Outlook、PowerPointなどを開いてみましょう。

もっと

Microsoft Office 2019

買い切り型の永続ライセンス、1 回限り購入する個人や法人向けの Microsoft Office の最新バージョン。 Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、AccessをWindows 10 PC またはMacにインストール可能。 ダウンロード版(オンラインコード版)であり、購入後すぐメールで届く。

一覧へ

Microsoft 365

最新バージョンのOffice アプリとインテリジェントなクラウド サービスをひとつにまとめたソリューションです。個人向けMicrosoft 365 の価格、最安値はこちら。

一覧へ

Windows 10

Windows 10 Pro 業界最安値!ダウンロード版(オンラインコード版)の販売!当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。 ここから、Windows 10 を安く購入していただくことができます。

一覧へ