Office 2021 とは?強力な機能が付いた生産性の高いOffice

  • 2022-05-24 11:37:30

Microsoft Office 2021 について紹介した記事です。仕事や勉強、特に、文章編集、表計算などをやっている方では、Microsoft Office は欠かせないものでしょう。

この記事では、最新バージョンの永続ライセンスOffice 2021 の新機能を紹介していますので、最後まで読んで、新しい Microsoft オフィス スイートの効率性を理解しましょう。

Office 2021 とは

Office 2021 とは、Word、Excel、PowerPoint など、1 台の Windows PC または Mac 用のアプリケーションを含む、1 回限りの支払いで永続的に使用できるOffice ソフトです。

永続版のOffice 2021 は数か月ごとにセキュリティ更新プログラムを受け取りますが、Microsoft 365 の一般的な更新プログラムとは異なり、ユーザーは新機能の更新プログラムを受け取らない。

Office 2021とMicrosoft 365の違いについては、以下の記事で詳しく説明しています。

Office 2021の機能強化により、以前はMicrosoft 365でしか使えていなかった多くの機能が、Office 2021でも利用可能になっています。

たとえば、古いバージョンの Office では複数のユーザー コラボレーションも可能ですが、リアルタイム コラボレーションは実現できず、他のユーザーの変更を確認し、変更を共有するには、ユーザーがドキュメントを保存する必要があります。

しかし、Office 2021では、ユーザーがドキュメントを他の同僚と共有すると、ドキュメントをリアルタイムで共同編集できます。 ドキュメントを表示しているユーザー、共同作業しているユーザー、およびドキュメントを変更した場所を明確に確認できます。

それだけでなく、新しい最新のコメント機能を使用して、共同作成者にコメントを送信するタイミングを制御することもできます。

個人的な経験から、リアルタイム同期の最新の注釈機能は、オフィスソーシャルソフトウェア上の相互作用をある程度置き換えることができ、あなたと同僚がMicrosoft 365、Office Webページ、またはOffice 2021を使用して複数のコラボレーションを行っている場合、理論的には生産性が向上するはずです。

初心者ユーザーのために、Office 2021はMicrosoft 365にしか見ない高度なクリエイティブ&テンプレートの多くを追加し、「新規」ボタンをタップするだけで、初心者は、豊富なアイコン、高品質のテンプレート、より多くのフォントなどの高度な創造的な素材の数千から選択することができ、誰もが魅力的なドキュメントやプレゼンテーションを作成することができます。

学生でもサラリーマンでも、課題レポート、履歴書、期末PPTを作成し、対応する素材をオンラインで探す必要があるときを経験する必要があると思います。 個人的な経験から、Office 2021は、レポート、請求書、ビジネスノート、カバーレター、パーティー招待状をカバーする創造的なテンプレートを提供し、PPTの多種多様は、非常に使いやすいです。

Windows 11 と同時にリリースされた公式アプリであるため、Office 2021 は当然、Windows 11 の新機能に何らかの変更を加える必要があり、Windows 11 システムと一貫性のあるフィレットデザイン、新しいパレット、フラットデザインの機能タブを意味します。 個人的な視点から見ると、全体的なデザインは実際にはほとんど変化しませんが、ビューはより新鮮で明るく、Windows 11のインターフェイススタイルとより調和しています。

また、今回はダーク モード用に特別に最適化されています。 以前は、Windows 10 システムで暗いモードに調整していましたが、Word の UI のみが暗いモードになり、ドキュメントの色は明るい白のままでした。 Word 2021 が最終的に暗いキャンバスを正しく提供できたので、Windows 11 の暗いモードの実用性も大幅に向上しました。

全体として、Office 2019 と比較して、3 年ぶりに導入された Office 2021 には、Microsoft 365 でのみ提供されていた多くの新機能が追加されました。

パフォーマンスの向上、完全なリアルタイム コラボレーション モデル、使いやすいオーサリング テンプレート、新しいスマート検索ボックス、またはより新鮮で丸みを帯びたユーザー インターフェイスにより、Office 2021 が前世代の製品に対してどのように革新されたかを簡単に確認できます。

現在、Microsoft Office 2021は、個人向けOffice Personal 2021、個人、ビジネス向けOffice Home & Business 2021、法人向けOffice Professional 2021、Mac製品向けOffice Home & Student 2021 for Mac、学生向けOffice Academic 2021 for Mac、Office Professional Academic 2021を販売しています。

Office 2021の価格については、以下の記事で詳しく説明しています。

Microsoft 365との違い

Microsoft 365 は、2021 と異なり、Word、Excel、PowerPoint、Outlook などを使うために、定期的にサブスクリプション料金を支払う必要があります。それにたいして、Office 2021 は、1 回限りの料金を支払うだけで永久に使えます。

では、Microsoft 365 のメリットは何でしょうか?

Office 2021 は、最新機能の更新プログラムをほとんど入手しないですが、Microsoft 365 は、常に最新の Office アプリとサービスを自動的に更新できます。

機能的には、Office 2021 とは異なり、Microsoft 365 はユーザーにクラウド ベースの AI 機能の多くを提供します。

OneDrive クラウド ストレージを使用するユーザーにとっては、Office 2021 に付属する 5 GB の共有スペースは必ずしも十分ではなく、Microsoft 365 は最大 1 TB のスペースを提供し、自動同期をオンにし、ファイルの回復/誤削除を恐れることはありません。

どれを選択するべき?

学生、一般事務員、または退職者であり、基本的に Word、Excel、PowerPoint の元の機能のみを使用し、クラウド ストレージを必要とせず、ネットワーク化された AI 機能をあまり使用していない場合、Office 2021 がお勧めです。

Microsoft 365 は、フルタイムのサラリーマンで、ドキュメントや同僚を頻繁にアップロードして共同作業を行い、1 TB のスペースを必要とする場合、または AI ライティング、AI 修正、AI プロアクティブ分析などのインテリジェントな機能を好む最新かつ最高の機能を必要とする場合に最適です。

しかし、人生のように、すべてが万能の解決策を持っていません。 新しい Office を購入する前に、「自分にとってより価値のあるものはどれですか」と自問してください。 この機能は本当に私のために必要ですか? Office の使用方法、本当に必要なニーズ、その他のオプションなど、状況を考えると、最適な選択を行うことができます。