Office 2021とOffice 2019の違いについて!どれをかえばいい?

  • 2022-06-13 16:10:00

Microsoft 0ffice 2021がリリースしたのでOffice 2019との違いをわからず、どれを買うの?と悩んでいませんか?

本記事では、Office 2021とOffice 2019の違いを紹介しています。

それでは、さっそく両者の違いを覚えて好きなOffice バージョンを購入しましょう。

0ffice 2021とOffice 2019の違いについて!どれをかえばいい?

Office 2021とOffice 2019の違い

Office 2021とOffice 2019の主な違いは以下の通りです。

  • サポート期限
  • Office アプリ
  • 追加された新機能

それぞれの違いについて詳しく説明していきます。

サポート期限の違い

Office 2021のサポート期限は、2021年10月5日~2026年10月13日まで。合計5年間のサポート期間がある。

それに対して、Office 2019のサポート期限は、2018年9月24日~2025年10月14日まで。合計7年間のサポート期間がある。

Office アプリ

Office 2019ではOneNoteが付いていませんでした。そのOneNoteがOffice 2021に追加されました。

追加された新機能

もちろん、Office 2021は最新バージョンでありいくつかの新機能が追加されています。

ここ、Word、Excel、PowerPointに追加された新機能を簡単に紹介します。

Word 2021

Word 2021では、新しいストック メディアや、消しゴム 、ルーラーなどの新しい [描画] タブが追加されます。 

Excel 2021

Excel 2021では、動的な配列やXLOOKUP、LET 関数などの新しい関数が追加されました。

PowerPoint 2021

PowerPoint 2021では、インク リプレイ、スライド ショーの記録の改善、新しいストック メディア、消しゴム、ルーラー、なげなわなどの新しい [描画] タブの追加などの機能を追加されました。

どれを買う?

Office 2021 の登場により、公式サイトでは、Office 2019を販売していません。

ネットショップで在庫がある場合、Office 2019を入手できます。

個人的な意見ですが、値段の差が大きくない場合、やはりOffice 2021のメリットが多いでしょう。

まとめ

以上。

Microsoft Office 2021やOffice 2019の違いを簡単に紹介しました。

以下の記事でOffice 2021の価格について紹介し、最安値で購入する方法も載せていますので是非参考にしてください。